×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

洋楽女性ポップシンガー特集

       The Spirit Room    Michelle Branch

  Recorded 2001
  
★★★★★

  アルバム全体が、一つの作品のように輝いているようである。何度聞いても音楽の世界に引き込まれ感動してしまう。永遠の名盤とはこのようなアルバムを言うのかも知れない。美声で息づかいまで聞こえて来るような熱唱である。18歳のファーストアルバムであるが、まるでベストアルバムのようである。

ミシェル・ブランチは、ハイスクールのころには、すでにコンサートを開くほどの才能の持ち主であり、ギターとピアノで作曲するシンガーソングライターでもある。歌詞と音楽が同時に生まれてくるという。実生活を歌うというより、物語に歌詞をつけるというロマンチストでもある。CDに付いている映像をみると、ふっくらとした愛らしい姿に夢見る乙女を想ってしまう。まるで現代のジュリエットの様である。

どの歌も温かく美しい。ミシェルの心から溢れてきた詩情豊かな歌である。特にNo.2"You Get Me" は、余りにも感動的な歌である。歌詞とメロディーが一体になっている。携帯の着うたで検索することが出来る。

ちょっと変わってるし
ちょっと調子はずれだわ
科学で説明出来ないなんていわれるの
だからスプーン曲げてやるの
でも、フツウになりたいなんて思う人いるのかしら
こんなイカれた世の中で
なんて言われようと平気よ
貴方の恋人でいる限り

そうよ、貴方は常にあたしの味方
みんな目を丸くしてるわ

貴方が見つけてくれたの
誰も知らないときに
あたしを見つけてくれたの
だから貴方に夢中
何も分からないのに
あたしをみつめて
愛してくれたわ
だから貴方に夢中

土砂降りの中で
日の光をみたの
イカれていると言う人がいるけど
貴方はよかったねと言ってくれたわ
あたしの秘密の花園みてくれたわ
物語の中では、何でもあるの

貴方が見つけてくれたの
何もかもが嫌になっても
貴方がスッとしてくれるわ
だから貴方に夢中
・・・
No.10"Goodbye to You" も詩情に溢れている。中間部の高まりが感動的である。




        Taylor  Swift

  Recorded 2007
  ★★★★★

  2007年に16歳で出したファースト・アルバムである。テイラー・スウィフトは、カントリー系で今最も注目されている歌姫である。グラミー賞にもノミネイトされているという。ファースト・アルバムの半年ほど後にデラックス盤として、同タイトルでDVD付きの限定版(輸入盤)が発売されたが、人気の程が伺える。テーンエイジャーらしい伸びやかでキュートな歌声と、青い目をした妖精のような美貌に人気が集まっている。

現代のブルーの瞳の妖精の奇跡のようなアルバムだ。ヒットチャートしているのは第一曲”Tim Mcgrawだが、すべての曲が夜空に輝く星のように美しい。カントリーギターを抱えたほんのりとしたメロディーに感銘を受けてしまう。No.3"Teardorops on my Guitar" もしっとりしていて、現在ラジオでヒットチャート中らしい。No.6"The Outside" なども目立つ曲だ。アルバム自体が完成度の高い作品である。




        Jessica Simpson    Sweet Kisses

  Recorded 1999
  ★★★★★

  ジェシカ・シンプソンは、テキサツ州のダラスの教会の牧師の家庭に育つ。セリーヌ・ディオンなどに憧れ、出来上がった歌を手にしてクリスチャンの集会を巡り歩いた。あっというまに有名になり、カーク・フランクリンらとステージを伴にするまでになった。ソニー・ミュージックのオーディションに一発で合格して、本格的なデビューに取りかかる。デビュー・シングル"I Wanna Love You Forever"がヒットチャートで一位になり、ファースト・アルバム”スウィート・キッスが大ヒットする。2005年には映画界にも進出して女優としても開花する。

セリーヌ・ディオンとよく似た特色をもち、しっとりとした歌とパンチの効いた曲の双方をこなせる力量がある。また2006年に出したアルバムでは、多くをソングライティングをしており、将来の可能性の高い歌手であると思う。このファーストアルバムでは、なんと言っても No.1"I Wanna Love You Forever" がスケールの大きなラブソングとして傑出しているが魅力的な歌が多く、No.11"Heart of Innocence" も感銘を受けるしっとりとした歌である。



        Ssy It    Britt Nicole

 Recorded 2007
  ★★★★★

 去年に出たブリッド・ニコレのファースト・アルバムである。すでにブリッド・ニコレは、洋楽ファンの間では話題のシンガーになっている。すっかりこのアルバムで、洋楽ファンの心を虜にしているようだ。初めに聞くと夢中になり聞き終えてしまうようなアルバムである。切なさが伝わってくるような歌が多く、素晴らしいアルバムになっている。声もキュートでハイソプラノが美しい。

音楽一家に生まれ、16歳のころからシンガーソングライターになったそうだ。ギターとピアノで作曲するそうである。No.9"Don't Worry Now" は、7歳の時に父親と別れた想いを歌っている極めて美しい唄である。No.10"Say It" は、切ないラブソングである。

だったら言っちゃうわ
畏れてなんかいないわ
壁の時計がチクチクいって
時はあっという間になくなるわ
じゃ告白なくちゃね
小さな身に甘えていたけど
長い目で考えたいの

命は短くて あっという間に過ぎ去るわ
魅力的にして欲しいの
貴方をみつめて
受け入れているの
二人だけでいたいの
前ぶれなんか要らないわ
始める時があるだけ
一分一秒
尽くすだけ
それだけだわ
ええ そうよ 言えることは

みつけることが沢山あるわ
助けることが出来るし
慰めることも出来るわ
みつめて欲しいの
ときめきたいの
一緒にいたいの
このチャンスを逃したくないの

貴方の腕の中に抱かれて
貴方の腕の中で休み
知らなかった安らぎをみつけたの
星をひとつひとつ数えていると
すべてがここにあるの
貴方と一緒にいると
すべてが透明にみえるの



Menu page